使いにくいマネーフォワード!メリット&活用法を紹介

こんにちは、こみーにゃです🐈❤

今回は前回の記事の続きとして、

使いにくいマネーフォワードのメリット&活用法

を紹介したいと思います😃✨

 

前回の記事では、マネーフォワードの使いにくいポイントを紹介しました。

ですが、マネーフォワードにももちろん良いところはあります☺️

時間をかけて使いこなそうとするより、メリットだけを活かし、違う角度から活用する。

今回はそんな方法をお話させて頂きます✨

マネーフォワードの使いにくいポイント

こちらは前回の記事を読んで頂きたいのですが、簡単にお話しますと

  • 自動分類機能は適切な分類がされない
  • データ反映が遅い
  • 金融機関との連携によく失敗する
  • 直感的に使いこなせない
  • 使い方ガイドの内容が薄い
  • web版でしか使えない機能が多い

というポイントをあげさせて頂きました💡

マネーフォワードの使いにくいポイントをひたすら紹介してみた

 

マネーフォワードの良いポイント

でも、そこはやはり家計簿アプリNo.1。デメリットだけではありません!

やはり良いところもあります✨

金融機関連携で口座残高が把握できる

マネーフォワードは、銀行をはじめクレジットカード、証券口座、ポイントカードやSuicaなど、2600以上の金融機関と連携し、それぞれの口座の残高を一つのアプリ内で見ることができます📱

他のアプリでも連携できますが、マネーフォワードは連携している金融機関数がダントツで多いんです。

この機能を使えば、口座が複数あっても、それぞれの口座残高を一つ一つ確認しなくても、マネーフォワードひとつで総資産額が把握できます。

マネーフォワードを使う前は、いちいち全ての銀行口座の残高を調べていたので、連携機能によりその手間が省けたのはとても良かったです😃✨

資産項目ごとの金額が確認できる

また、それぞれの口座にいくら入っているかだけでなく、現金、定期積立、投資信託など資産項目ごとの保有額も見ることができます!

わたしの場合は、預金以外に株と投資信託があるので、貯金と投資の割合がすぐにわかるのは便利です✨

 

マネーフォワードの正しい使い方は?

ではこれらのメリット&デメリットを理解した上で、どのように活用すべきなのか?

 

わたしの現在の活用方法は、

マネーフォワードは資産管理のためだけに使用する💰

というものです!

 

先ほどあげたマネーフォワードのメリットである

  • 各口座の残高の確認
  • 総資産額の確認
  • 資産項目ごとの保有額の確認

ここだけに使用用途を絞ることが、一番使いやすく、マネーフォワードのメリットを活かせる使い方であると判断いたしました🙋✨

 

マネーフォワードの自動分類機能は、確かに優れた機能です。なのでこれを利用し日々の収支も管理できたら最高です。

しかし、日頃の細かい収支を全自動で管理しようとすると、AIで判別できない項目は未分類とされてしまい、結局は手動での修正が必要なので”全自動”ではないのです。

 

またマネーフォワードは振替機能やお財布機能もありますが、わたしの場合は直感的にすぐ使いこなせませんでした。

なので、時間をかけて頑張ってマネーフォワードの達人💪になるよりも、

💰全体の資産管理…マネーフォワード

💰日々の収支管理…別の家計簿アプリ

と、家計簿アプリを二刀流で使い分けることが、最もストレスフリーかつ確実な家計管理法だと思います✨

 

出勤用やお出かけ用など、服も場面に合わせて使い分けますよね?

iPhoneやiPadやパソコンも、用途によって使い分けますよね?

フライパンも、目玉焼き用とか厚焼き玉子用とか、いろいろ売られてますよね?(しつこい)

 

家計簿アプリもメリット&デメリットを理解し、一つで全てを補おうとせず目的ごとに使い分けることで、家計管理がしやすくなります💰✨

 

では、どんな家計簿アプリが毎月の収支管理に向いているのか?

続きはこちらの記事をぜひ読んでください📱✨

「Zaim」と「マネーフォワード」の併用こそ最強の家計管理!!

コメントを残す