家計簿アプリ「Zaim」の簡単4ステップ初期設定!

こんにちは、こみーにゃです🐈

今回は私が愛用中の家計簿アプリ「Zaim」について、簡単4ステップ初期設定をお話したいと思います☺️

いろいろな家計簿アプリがある中でなぜZaimなのか?

その理由については、こちらの記事を合わせて読んでください✨

「Zaim」と「マネーフォワード」の併用こそ最強の家計管理!!

簡単4ステップ初期設定

初期設定に必要な4ステップは、

  1. 基本設定
  2. カテゴリ設定
  3. 予算設定
  4. 繰り返し設定

の4つになります。設定の順番はできるだけこの順番通りが良いかと思います!

※予算設定・繰り返し設定ではカテゴリを選ぶ必要があるので、カテゴリを決めてからそれらの設定を行いましょう!

 

またこの記事では、携帯アプリからの設定方法を紹介しております📱

4ステップの設定は、全てホーム右上の設定マークから行うことができます☺️

ここを押すと、

この画面になります。

 

基本設定

まず基本設定ですが、ここでは

  • 週の開始(月曜から、日曜からなど)
  • 開始日(毎月の記録開始日)

この2つを、自分の生活スタイルに合わせて設定するのがいいかと思います。

他の設定は初期設定のままでも大丈夫です🙆

「普段使ってるスケジュール帳が日曜始まりだから、日曜開始にしよう!」

「給料日が25日だから25日開始にしよう!」

という感じです☺️

 

 

カテゴリ設定

次にカテゴリ設定です。

カテゴリ設定は支出/収入の他に、口座やお店なども設定できますが、支出/収入の設定だけすればOKだと思います。

 

支出カテゴリは大項目・小項目が設定できます。

初期設定の段階で既に多くの項目が設定されているので、必要ない項目は非表示にしましょう💡

私の場合は大項目を

  • 食費
  • 日用品
  • 居住費
  • ローン返済
  • 交通費
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 医療保険
  • お小遣い
  • 投資(本、習い事etc)
  • その他

に設定しました。

ポイントとしては、消費浪費投資」を意識して仕分けできるようにしています💡

 

消費は項目を細かく分けることで、生活するため何にいくら必要なのか把握できるようにしています。

浪費投資は大項目を一つにまとめることで、毎月の予算を設定し、その予算内でやりくりするよう意識しています。

※浪費・投資カテゴリも詳細に記載したい方は、小カテゴリを活用しましょう💡

わたしは「お小遣い」の大カテゴリを、以下の小カテゴリにさらに分けました。

  • カフェ、嗜好品
  • 美容
  • ファッション
  • 交際費
  • その他

 

カテゴリを細かく分けてしまうと、人によっては面倒くさく、やる気がなくなってしまうことがあります。

なので家計簿が苦手な方はまず消費浪費投資」の3つの大項目に分類するだけでも良いと思います✨

無意識にお金を払っていた方は、家計簿で分類分けをするクセがつくと「この出費は消費なのか、浪費なのか、投資なのか?」とお金の使い道を意識できるようになりますよ✨

 

予算設定

Zaimは予算設定機能が大変優れていますので、この設定も必ずしましょう✨

カテゴリ別の予算設定ができますが、総予算のみの設定もできます。

なのでズボラな方は、総予算だけでも設定してみましょう!

もしカテゴリ設定で「消費浪費投資」の3分類が設定できたのであれば、3分類ごとの予算を設定してみてください✨

 

またZaimの分析機能では、予算に対して現状いくら使っているかを表示してくれます。

棒グラフ中の金額…現在の時点で使っている金額

棒グラフ右側の金額…今月の残り予算

特に食費やお小遣い等は、この機能を使うことで

「食費があと3000円しか使えないから、外食は控えよう💡」

「今月はあと5000円しか予算がないから、来週の飲み会は断ろう💡」

と、お金の使うペースを調整することができます☺️

 

繰り返し設定

最後に、設定画面の「便利ツール」から繰り返し設定をしてください。

こちらも、設定必須の機能です!

家賃や税金、保険など、毎月決められた額の支出を設定することで、記録の手間を省きましょう!

私は【家賃・習い事・奨学金返済】などを設定しています。

※ちなみにマネーフォワードでは、この機能はweb版でないと使えません。Zaimは携帯アプリでサクッと設定できます📱

マネーフォワードの使いにくいポイントをひたすら紹介してみた

 

出金元なども設定できますが、基本的には赤枠の中の項目だけ設定すれば大丈夫です🙆

また期間の終了日は、終了期間が決まっていない場合、一年くらいを目安に適当に入力すればOKです。

 

まとめ

いかがでしたか?

この4ステップ初期設定さえしてしまえば、Zaimは使い始められます☺️

 

家計簿をつける目的は、自分の支出グセを把握しコントロールすることだと思います。

そのためにまずは続けることが大切です。

続けるために、カテゴリはざっくりしたもので良いと思いますし、記録をたまに忘れてしまってもいいと思います。

家計簿を続けるコツについては、こちらの記事もぜひご参照ください✨

家計簿が続かない理由、続けるコツを解説!

 

コメントを残す